白内障の症状の特徴と予防

白内障という疾患の特徴

白内障とは誰しもかかる可能性のある眼科疾患です。

 

眼球の中のレンズ部分(水晶体)が加齢や糖尿病などの病気によって白く濁ってしまい、視力が低下して物が霞んで見えたり、ぼやけて二重・三重に見えたりするのが特徴です。

 

どんなにメガネを合わせても視力は合わず、不可逆的に視力が低下します。

 

白内障と呼ばれていますが、加齢によるものでは「白っぽい色」に濁るというよりも「黄色っぽい色」に濁ると言われており、症状が進行すると、視界全体が黄白色のような色味がついて見えてきます。

 

この症状は加齢による変化の「老人性白内障」最も多く、60代で70%、70代で90%、80代でほぼ100%の人がこの疾患の為に視力低下を認められます。

 

いったん症状が進行してレンズ(水晶体)が濁ってしまった場合は、点眼や服薬では元の透明度は回復しないので手術によってしかその視力を回復させる方法はありません。

 

症状の程度が経度で、あまり視力に影響のない段階の時には点眼や内服薬でその進行を遅らせる事も可能です。

白内障の初期症状とは?

白内障の初期段階は、その変化を発見して治療にかかる事ができたならば、その後の進行を遅らせることができる重要な時期といえます。

 

この初期症状は自分の生活の中でチェックが可能です。

 

白内障の初期に見られる症状としては視力低下が挙げられます。

 

少しずつ細かい文字が読めなくなってきます。

 

この時にどのようなメガネを合わせて作っても合いません。

 

また、太陽や電灯の明かりがとてもまぶしく感じます。

 

照明がきらめいて見えたり、対向車のライトが凄くまぶしいと感じて気になります。

 

その他にも、水晶体の濁りが中心におよぶために視界全体がかすんで見える霞目。

 

物が二重や三重に見える。

 

光の乱反射やまぶしさで明るい場所にいるのに見えにくくなる。

 

水晶体が濁るので光が目に入る量が減り、暗いところでは余計に見えにくくなる。

 

逆に老眼が見えるようになる。

 

このような症状が挙げられます。

 

眼の老化は逆戻りして、老眼が治ることはけしてありません。

 

白内障を起こす原因とは

老白内障を起こす大多数の理由は、加齢による「老人性白白内障」が殆どですが、しかし中には若い人でも糖尿病や栄養失調、目の外傷やアトピー性皮膚炎などで症状を発症する場合もあります。

 

いずれの場合も原因はレンズ部分(水晶体)内部のαクリスタン淡泊という物質の変化で、その新陳代謝が悪くなり、濁ってしまう事にあります。

 

レンズ(水晶体)の濁りそのものは病気ではなく、皮膚のシミやシワといった老化現象と同様のものであるという考え方もあります。

 

老化ではない場合に発症する事は少なくありませんが、一般的に糖尿病の人は通常の血糖値の人に比べて10年分くらい進行が速いと言われています。

 

また、外傷によって発症する例もあります。

 

例えば目に極端な強い衝撃を受けた場合。

 

目に物が刺さった場合もありますが、中には雷に打たれて一日で発症したという事例も報告されています。

 

少数ではありますが、生まれつき水晶体に濁りを持って生まれた「先天性白内障」の場合もあります。